病気との付き合い方【うつ病の治療を行うためには正しい知識が必要】

接し方を考える

男性医師

うつ病を治療するためには、本人の努力の他に、家族や周囲の人の協力も欠かせないものになります。しかし、協力の仕方を間違えると、本人の助けになるどころかうつ病を悪化させてしまうこともあります。うつ病患者への正しい接し方を知り、治療の手助けをしましょう。接し方でまず注意しないといけないのは、本人を責めるようなことを言ってはいけないということです。うつ病になる人の多くが、頑張って治したいと考えていますが、脳の機能が低下することで起こっているため、根性で治るようなものではありません。「どうしてできないんだ」「頑張ればできるだろう」というように責めてしまっては追い詰めてしまい、症状が悪くなります。そうした発言は避けるようにしましょう。責めることの他にも、プレッシャーになるようなことを質問するのも良くありません。うつ病になってしまった原因や、どのくらいで治るのかということは特に、本人にも分からないことで、結論を出すことができません。また、こうした質問を投げかけると考えこませる原因になり、早く直さなければと焦燥感に囚われることがあります。なるべくそうした話題には触れずに気持ちを落ち着けられるような対応を心がけてください。うつ病に関する話題の他にも、結論を出さないといけないような話題にストレスを感じてしまうことがあります。例えば食べたいものや飲みたいものなど、健康な人にとっては難しくない質問でもうつ病になっていると答えが出しにくい場合があります。本人に考えさせるような話題は避けて、提案を投げかけるような発言で負担を減らすことができます。休養のために仕事を休んで自宅にいても、家族が協力の仕方を間違えると心を休めることができなくなります。注意点をきちんと把握してしっかりと休養させることが大切です。

家族や周囲の協力はうつ病の治療に大切ですが、看病している人がうつ病になってしまうケースも少なくありません。うつ病にかかっているとどうしても思考が暗くなりがちで、話題も気分が落ち込むようなものばかりになります。そうした会話を長く続けていると段々気持ちが引っ張られてしまい、うつ病になってしまうことがあるのです。巻き込まれるのを避けるために、なるべく共感しすぎないようにし、心を冷静に保つようにしましょう。長く話しすぎないということや、状況を客観的に捉えることが大切です。