病気との付き合い方【うつ病の治療を行うためには正しい知識が必要】

治療方法の種類

カウンセリング

人はそれぞれ違った性格を持っています。うつ病になる人の場合でもそれは同様で、様々な原因によってうつ病になり、その症状の現れ方や本人が悩んでいることも大きく異なります。そのため、うつ病の治療をするためには一人一人に合わせて治療方法を考えることが必要です。病院で推奨しているうつ病治療には大きく分けて3つあり、その1つは十分に休養を取るというものです。身体が病気になった場合と同様、心が病気になった場合にはしっかりと休んで疲れを癒やすことが大切です。真面目な人の場合、身体が健康なのに休むことに抵抗があるかもしれませんが、しっかりと病気と向き合って治療に専念しないとうつ病はなかなか治りません。また、本人は休養を取りたいと望んでいる場合でも、周囲の理解が不十分な場合休養が難しくなります。ストレスなくじっくりと休養が取れるよう、周囲の人がきちんと協力し、休ませてあげましょう。もしも自宅での休養が難しいようなら、入院するという方法もあります。病院には心や身体を休めるための環境が整っているため、症状の改善に効果的です。

治療方法は他に、抗うつ剤を使用するというものがあります。心の病気に薬が効くのか、副作用でかえって悪くなるのではないかと心配する人もいますが、正しい服用の仕方をすることで、安全で効果的に作用することが可能です。抗うつ剤というのは脳内の神経伝達物質のバランスを整える働きをしていて、うつ病の改善に役立ちます。飲んですぐに効果が現れるというものではないため、長い目で見て治療していく必要があります。使用する量はその人に合わせて医師が考えたものなので、指示された量や服用する頻度を勝手に変えず、医師の指示に従うことが大切です。

3つ目の治療方法は心理的治療というものです。抗うつ剤のように薬を使用して脳の働きを正常にするものではなく、医師との対話によって精神状態を整えていく方法です。心理的治療で一般的に行われているものの1つはカウンセリングで、本人が今抱えている悩みや不安、精神状態を聞き出します。うつ病患者の場合、思考が悪い方へ悪い方へ進んでしまうことが多いです。どうしてそう思っているのかなど話をしっかりと聞き、その情報を紙に書いてまとめることで患者と共に客観的に整理していきます。

前述した3つの治療方法を患者の状態に合わせて使い分けることで効果的に治療することが可能です。しかし、うつ病になっている場合、初対面の医師と会話をするのは難しい場合があります。症状をうまく伝えられないことや、心を開かずに話せないこと、または本人の認識が間違っていることもあります。正しく現状を医師に伝えるために、診察を行うときには家族も一緒についていきましょう。本人が自覚している症状だけではなく、客観的に見てどんな症状が現れているのか、何がきっかけで発症したのかなどを正確に伝えることができます。そうすることで医師が状況を正しく判断し、適切な治療方法を選ぶことが可能になります。