病気との付き合い方【うつ病の治療を行うためには正しい知識が必要】

心に現れる症状

ナース

うつ病というのは心の病気のことです。うつ病にかかると健康な精神状態のときにはすぐに気持ちを切り替えることができる出来事でも、長く引きずってしまい落ち込んでしまうことがあります。心は身体とも密接な関係を持っているので、うつ病にかかると精神的な面だけではなく、身体にも様々な不調をきたします。うつ病の症状をよく理解していない人の場合、落ち込み続けることや身体の不調を訴えているのはただの甘えだと思うことがあります。しかし、これはれっきとした病気の一種で、簡単に治るものではありません。頑張ろうと思うあまり症状が悪化してしまうこともあるのです。きちんと治療するために、うつ病について正しい知識を身につけましょう。病気になっている本人が理解することはもちろん、周囲の人もしっかりと理解する必要があります。

うつ病になった場合現れる症状にもいくつかの種類があります。その1つ目は「抑うつ」と呼ばれるもので、何か嫌な出来事があった場合心が沈んでしまう症状です。一過性のものなら健康な人でも多く見られる症状ですが、うつ病の人の場合は長く続いてしまうことや、重度の症状が現れて心や身体への負担が大きくなります。その他、心に見られる症状として「気分障害」が挙げられます。気分障害というのは、心と身体の反応がちぐはぐになってしまうというものです。通常なら良い出来事があると喜び、悪い出来事があると悲しむことができます。うつ病になっているときにはその感情と身体のコントロールがうまくできなくなり、喜びたい場面でそれが表に出せなくなったり、悲しんでいるのに喜んでいるように見えたりします。病気について理解していない人の場合、そうした反応をされることで不快に思うことがあるかもしれませんが、本人は感情をコントロールしたくてもできない状態にあります。症状について把握し、支えてあげることが必要です。うつ病の心の症状でよくあるものは他に、「意欲の低下」というものがあります。人が何か行動をするときには必ず、何か目的があり、その行動をやりたいという意欲がないと行なえません。意欲があることで何をすべきかが分かり、行動することができます。しかし、うつ病になっているときにはこの意欲を引き出すことが難しく、自分が何をしたいかが分からなくなります。普段なら楽しんで行っていたことや、当たり前のように行っていた行動も意欲が低下することで途端にできなくなってしまうのです。また、もしも行動ができた場合でも楽しさややりがいを見い出せなくなり、興味を失ってしまいます。意欲の低下が起きると仕事や日常生活がいつものように行なえなくなり、周りの人が病気に気づくことも多いです。その他、「思考の低下」も代表的な症状の1つです。これは物事を考える力が弱くなる症状で、心だけではなく脳機能にも支障をきたしているため起こります。思考力が低下することで物事に対して考えることができなくなり、反応が薄くなることが多いです。逆に、一度考え始めると思考を止められなくなるのも脳機能の低下が原因です。過去の出来事をいつまでも繰り返し思い出し否定的な思考が止められなくなることで、自分が酷く悪いことをしているような妄想に陥ってしまうことがあります。

身体への影響

男性たち

うつ病の症状は心だけではなく、身体に現れるものもあります。うつ病は本人や周囲が気づきにくいことが多いものですが、身体の症状は目で見ることができるため気づけることがあります。ここでは身体に見られる症状を紹介します。

More Detail

治療方法の種類

カウンセリング

うつ病の治療方法は、十分な休養を取るものと抗うつ剤を使用するもの、心理的治療があります。どれをどのように組み合わせるかは患者に合わせて考える必要があるため、診察には家族が同伴して状況を正しく伝えましょう。

More Detail

接し方を考える

男性医師

うつ病患者との接し方は難しく、協力するつもりが患者の負担になってしまうことや、看病する側までうつ病になってしまうことがあります。何を避けるべきなのかなど、正しい接し方を把握しましょう。

More Detail